自宅という空間故の良悪。しかし、そこには衣・食・住の基本があります。基本は日々繰り返されます。無意識で過ごすその生活は意識的によいものを使うことで、はるかに豊かで楽しいものとなるのです。

私たちがテーマとしている『生活を楽しむ』ということは、まさにその意識に訴える何かを提案していきたいという思いから始まりました。 それぞれの作品を身近で、また自然に感じていただきながらもただ作品のみに囚われるのではなく、そこにあるすべてのものがかもし出す雰囲気と調和を大切にすることを心掛けております。

『器を楽しむ家ごはん』では、まるまるわの由来でもあります自らが素人であることを誇りにし続け、玄人が成し得なかった独創的な世界を築いた陶芸家 川喜多半泥子の言葉「おれはろくろのまわるまま」のようにジャンルや形式に囚われず、使える楽しみを持つ陶芸と各国の文化に育まれた様々な様式を幅広く取り入れている日本人ならではの感性を生かした食の新しい提案をしていきたいと思っております。

まるまるわ の表すように一人一人が集まり輪となり、その輪がまた広がっていけたらと思っておりますので、末長いお付き合いを宜しく
お願い致します。

まるまるわ